4-18 インターフェースをdown状態にする


#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>
#include <sys/socket.h>
#include <sys/ioctl.h>
#include <net/if.h>

int
main()
{
  int fd;
  struct ifreq ifr;

  fd = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);

  /* インターフェースを指定 */
  strncpy(ifr.ifr_name, "eth0", IFNAMSIZ-1);
  /* 現在の状態を取得 */
  if (ioctl(fd, SIOCGIFFLAGS, &ifr) != 0) {
    perror("ioctl");
    return 1;
  }

  /* 現在の状態からIFF_UPとIFF_RUNNINGをOFFに */
  ifr.ifr_flags &= ~(IFF_UP | IFF_RUNNING);

#if 0
  /* 現在の状態からIFF_UPとIFF_RUNNINGをONに */
  ifr.ifr_flags |= IFF_UP | IFF_RUNNING;
#endif

  /* 状態を変更 */
  if (ioctl(fd, SIOCSIFFLAGS, &ifr) != 0) {
    /* 失敗したら理由を表示 */
    perror("ioctl");
    return 1;
  }

  close(fd);
  return 0;
}

拙著「Linuxネットワークプログラミング」の紹介

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!