TVチューナーを制御する(2)

ここでは、TVチューナーデバイスを制御するIAMTVTunerを利用する方法を説明したいと思います。 (注意)ここの例では、サンプルを簡潔にするためにエラー処理を書いていません。

チャンネルを設定してから再生するサンプル

まず、何も考えずに以下のコードを書いてみましょう。 このコードは、最初に発見したキャプチャデバイスからTVチューナーデバイス用のインターフェースを取得しようとします。 IAMTVTunerインターフェースが取得できなければ、その場でサンプルは終了します。 このサンプルは10チャンネルにチャンネルを設定してから再生を開始します。 (10チャンネルと言っても地域によってテレビ局が異なるのでどこが写るかは利用者の環境しだいです。) put_Channelの10と書いている部分を変更すると別のチャンネルからスタートできるようにできます。


#include <stdio.h>

#include <dshow.h>

int
main()
{
 IGraphBuilder *pGraphBuilder;
 ICaptureGraphBuilder2 *pCaptureGraphBuilder2;

 // 補足情報)英単語の日本語訳
 //   Enumerate : 列挙、一覧
 //   Moniker   : あだ名
 ICreateDevEnum *pCreateDevEnum = NULL;
 IEnumMoniker *pEnumMoniker = NULL;
 IMoniker *pMoniker = NULL;

 ULONG nFetched = 0;
 IBaseFilter *pDeviceFilter;

 // COMを初期化
 CoInitialize(NULL);

 // FilterGraphを生成
 CoCreateInstance(CLSID_FilterGraph,
	NULL,
	CLSCTX_INPROC,
	IID_IGraphBuilder,
	(LPVOID *)&pGraphBuilder);

 // CaptureGraphBuilder2というキャプチャ用GraphBuilderを生成する
 CoCreateInstance(CLSID_CaptureGraphBuilder2, NULL, CLSCTX_INPROC, 
   IID_ICaptureGraphBuilder2, 
   (LPVOID *)&pCaptureGraphBuilder2);

 // FilterGraphをセットする
 pCaptureGraphBuilder2->SetFiltergraph(pGraphBuilder);

 // デバイスを列挙するためのCreateDevEnumを生成
 CoCreateInstance(CLSID_SystemDeviceEnum, NULL, CLSCTX_INPROC_SERVER, 
   IID_ICreateDevEnum, (PVOID *)&pCreateDevEnum);
    
 // VideoInputDeviceを列挙するためのEnumMonikerを生成 
 pCreateDevEnum->CreateClassEnumerator(CLSID_VideoInputDeviceCategory,
   &pEnumMoniker, 0);
 if (pEnumMoniker == NULL) {
   // 接続された映像入力デバイスが一つも無い場合にはこのif文に入ります
   printf("no device\n");
   return 0;
 }

 // EnumMonikerをResetする
 // Resetすると、先頭から数えなおします
 pEnumMoniker->Reset();

 // 最初のMonikerを取得
 pEnumMoniker->Next(1, &pMoniker, &nFetched);

 // MonkierをFilterにBindする
 pMoniker->BindToObject(0, 0, IID_IBaseFilter, (void**)&pDeviceFilter );

 // FilterGraphにデバイスフィルタを追加する
 pGraphBuilder->AddFilter(pDeviceFilter, L"Device Filter");

 // この時点でMonkier系、Enumerator系は用済み
 pMoniker->Release();
 pEnumMoniker->Release();
 pCreateDevEnum->Release();

 /*
  * IAMTVTuner
  */
 HRESULT hr;
 IAMTVTuner *pTvTuner;

 // Graph内からIAMTVTunerを取得。
 // 2つ以上のTV Tunerがある場合には、
 // もう一度FindInterfaceを繰り返す必要あり。
 hr = pCaptureGraphBuilder2->FindInterface(&LOOK_UPSTREAM_ONLY,
	    NULL, pDeviceFilter,
        IID_IAMTVTuner, (LPVOID *)&pTvTuner);
 if (hr != S_OK) {
   printf("could not get TV Tuner\n");
   return 1;
 }

 // Graphを組み立てます
 pCaptureGraphBuilder2->RenderStream(&PIN_CATEGORY_CAPTURE,
   NULL, pDeviceFilter, NULL, NULL);

 // RunするためにIMediaControlを取得します
 IMediaControl *pMediaControl;
 pGraphBuilder->QueryInterface(IID_IMediaControl,
   (LPVOID *)&pMediaControl);

 // チャンネル番号を10に設定
 pTvTuner->put_Channel(10,
      AMTUNER_SUBCHAN_DEFAULT, AMTUNER_SUBCHAN_DEFAULT);

 // 再生開始
 pMediaControl->Run();
 
 // MessageBoxを使ってブロック
 // OKを押されるまで再生し続けます
 MessageBox(NULL, "Press OK to end", "block", MB_OK);

 // 再生停止
 pMediaControl->Stop();

 // 資源を解放
 pTvTuner->Release();

 pMediaControl->Release();
 pCaptureGraphBuilder2->Release();
 pGraphBuilder->Release();

 // COM終了
 CoUninitialize();

 return 0;
}

例の中で利用しているMessageBoxは、アプリケーションが終了してしまわないようにブロックするためにあります。 MessageBoxの「OK」ボタンをクリックすると再生は終了します。

このサンプルは最初に発見したキャプチャデバイスからIAMTVTunerを取得しようとします。 複数あるデバイスを選んだり、発見したデバイスの情報を表示したりする方法はここをご覧下さい。