C言語入門:関数

C言語では、複数の処理を関数としてまとめることができます。 関数は非常に重要な要素です。 例えば、今まで何気なく使っていたprintfも関数です。 ここでは、関数を使った簡単なサンプルを説明したいと思います。

サンプル1

以下のサンプルは関数を使った例です。


#include <stdio.h>

/* 関数a() */
a()
{
  printf("this is a()\n");
}

int
main()
{
 /* 関数a()を使って終わります */

 a();

 return 0;
}

上記例を実行すると「this is a()」と表示されてプログラムが終了します。

サンプル2

次の例では、a()を複数回使っています。


#include <stdio.h>

/* 関数a() */
a()
{
  printf("this is a()\n");
}

int
main()
{
 /* 関数a()を3回使って終わります */

 a();
 a();
 a();

 return 0;
}

サンプル3

次は関数a()と関数b()を作ってみます。


#include <stdio.h>

/* 関数a() */
a()
{
  printf("this is a()\n");
}

/* 関数b() */
b()
{
  printf("this is b()\n");
}

int
main()
{
 /* 関数a()と関数b()を使って終わります */

 a();
 b();

 return 0;
}

サンプル4

次は関数a()を関数b()から呼び出してみます。


#include <stdio.h>

/* 関数a() */
a()
{
  printf("this is a()\n");
}

/* 関数b() */
b()
{
  printf("this is b()\n");

  a();
}

int
main()
{
 /* 関数b()を使って終わります */

 b();

 return 0;
}

最後に

とりあえず簡単に関数の使い方を示してみました。 とりあえず、この例では何がうれしいかわかりにくいと思いますが。。。 次から段々複雑な説明になっていく予定です。


次:関数(2):return文

- C言語入門 記事一覧

おまけ