IPv6マルチキャストのスコープとゾーン

   このエントリをはてなブックマークに登録    2019/5/16-1

IPv6には、IPv6アドレスの有効範囲を示すスコープという概念があります。

ユニキャストおよびエニーキャストのIPv6アドレスでのスコープと、マルチキャストのIPv6アドレスでのスコープは別です。以前、リンクローカルアドレスの解説でユニキャストとエニーキャストでのIPv6アドレスのスコープについて解説しましたが、今回はマルチキャストでのIPv6アドレスのスコープについて解説します。

リンクローカルアドレス

IPv6でのスコープやゾーンそのもの、ユニキャストおよびエニーキャストでのスコープやゾーンに関しては、RFC 4007をベースにリンクローカルアドレスの動画で解説しています。この動画の前に、まずはそちらをご覧いただいた方が理解しやすいと思います。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

この動画に含まれる内容は拙著「プロフェッショナルIPv6」からの解説です。 プロフェッショナルIPv6解説動画の再生リストを作ったので、もしよろしければ、他の動画もご覧ください。 お楽しみいただければ幸いです!

   このエントリをはてなブックマークに登録