前代未聞?RFC 7158が一瞬で廃止されてRFC 7159に!

   このエントリをはてなブックマークに登録    2014/3/4-1

3月2日より、ロンドンにてIETF 89が開催中ですが、IETFでRFC 7158が一瞬で廃止されるという珍事が発生しました。 どうも、2014年3月と記載すべきところを2013年3月としてしまったので、それを修正するためにRFC 7159が発行され、RFC 7158は即座に廃止されています。

RFC 7158とRFC 7159のdiffを見ると、見事に2013と2014の違いしかありません。 しかし、「本当にこれだけの違いで大丈夫なの?」と思える部分もあります。

たとえば、「Status of This Memo」Errataを記載する部分がRFC 7159において、Errataを「http://www.rfc-editor.org/info/rfc7158」としているのですが、正しくは「http://www.rfc-editor.org/info/rfc7159」だと思われます。

また、「11. IANA Considerations」において、以下の3つはRFC 7158ではなくRFC 7159じゃないの?という気もします。

  • Security considerations: See [RFC7158], Section 12.
  • Interoperability considerations: Described in [RFC7158]
  • Published specification: [RFC7158]

焦って見落としたのかなぁと思わなくもないですが、JOKE RFCが存在するような文化ですし、こういうものまた一興だと思えます。(追記:その後、Status of This MemoとIANA Considerationsが修正されています。流石に、再修正版をRFC 7160として発行し直すまではしなかったようですw)

最後に、RFC 7158とRFC 7159のdiffです。 こういうことって、あるんですねー。


8,9c8,9
< Request for Comments: 7158                                  Google, Inc.
< Obsoletes: 4627                                               March 2013
---
> Request for Comments: 7159                                  Google, Inc.
> Obsoletes: 4627, 7158                                         March 2014
60c60
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
65c65
<    Copyright (c) 2013 IETF Trust and the persons identified as the
---
>    Copyright (c) 2014 IETF Trust and the persons identified as the
116c116
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
172c172
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
228c228
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
284c284
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
340c340
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
396c396
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
452c452
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
508c508
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
564c564
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
620c620
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
676c676
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
732c732
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
788c788
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014
844c844
< RFC 7158                          JSON                        March 2013
---
> RFC 7159                          JSON                        March 2014

   このエントリをはてなブックマークに登録