IPv4アドレス残り8%切る

   このエントリをはてなブックマークに登録    2010/4/10-2

4月9日に、世界のIPv4アドレス残りが8%を切りました。 256個ある/8ブロックのうち、残りは20個です。 なお、そのうちの5個は自動的に世界の5つのRIR(Regional Internet Registry,地域インターネットレジストリ)に割り振られるので、実質残りは15個(残り6%以下)という考え方もあります。

今回、APNIC(アジア太平洋地域)に割り振られたのは14/8と223/8の2ブロックです。

  • 14/8 APNIC
  • 223/8 APNIC

IANA IPv4 Address Space Registry

今年に入ってからは、1月に1/8と27/8がAPNICに割り振られ、2月に50/8と107/8がARIN(北米、及びカリブと北大西洋地域)に割り振られました。 今回、新たに/8ブロックが2個APNICに割り振られたので、残りは20ブロックになりました。

今年は去年よりもIPv4アドレスの減りが早い気がします。 去年の割り振りは以下のようになっています。

  • 2009/1 RIPE-NCC
  • 2009/1 RIPE-NCC
  • 2009/4 APNIC
  • 2009/4 APNIC
  • 2009/8 APNIC
  • 2009/8 APNIC
  • 2009/9 RIPE-NCC
  • 2009/9 RIPE-NCC

去年の割り振りタイミングを見ると、もうそろそろRIPE-NCC(ヨーロッパ、中東、中央アジア地域)に次の割り振りが行われたりするのかも知れません。

関連

   このエントリをはてなブックマークに登録