ニホントカゲを捕まえました

2009/4/7-3

道を歩いていると道路脇の草むらでガサゴソと音がしました。 何だろうと見てみるとニホントカゲの若い個体がいました。 10cm弱と小さく、今年に入って生まれた個体だと思います。 今日は日も出ていて気温が上昇したので、恐らく体温を上昇させるために道路に出て来ていたのでしょう。

シッボのブルーが美しいニホントカゲは大好きなので、思わず捕まえて家に持ち帰りました。 そして、折角なので撮影しました。 最近、カメラを使うのが面白くて色々撮影しています。

まだまだ非常にヘタクソなので、色々と試行錯誤を続けています。 カメラで遊び始めてわかったのですが、自分の写真が結構駄目で、プロの写真は凄いです。 今までもプロの写真は凄いと思っていたのですが、最近はやっと自分との壁の大きさを実感できるようになったのかも知れません。 というか、これまでは凄い物を見ても凄さが感じられないぐらい駄目駄目だったと良くわかりました。 本当はカメラの学校とかに入って正しく勉強したりすべきなのかも知れません。

といいつつ、なかなかまとまった時間を取るというところまで踏み込めないのが私の弱いところなのでしょう。 あれ? ニホントカゲを捕まえてウキウキしている筈が、何故か自分の駄目だしに文章になってますね。。。

なお、捕獲したニホントカゲは撮影後に元居た場所へとリリースしました。 草むら近くに解放したところ、元気に帰っていきました。 ニホントカゲから見れば非常に迷惑な話だったと思われます。

最後に余談ですが、ニホントカゲの黒い光沢とシッポのブルーは成長とともに消えてしまい、最後は全体的に地味な茶色くなります。 美しいのは若い間だけです。

撮影機材/設定

IOS Kiss Digital X
Canon Speedlite Transmitter ST-E2
Canon Speedlite 580EX II
Canon EF-Sレンズ 60mm F2.8マクロ USM APS-C

マニュアルモード
 シャッタースピード 1/40
 F5.0
 ISO 200

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!