このサイトって前に見たことあったっけ???

2007/4/5

最近、色々なサイトを見ていると「Web2.0 Logo Creator by Alex P」で生成したと思われるロゴを使っているブログを見る事があります。 そのロゴを使ったサイトを見ていると「このサイトは昔見たことがあるかも」と思うときがあります。 実際に見たことがあるかどうかはわかりません。 そのようなデジャブ感に襲われる事が何度かありました。

で、そのうち、 「もしかして、ロゴとサイトの色使いが似ている他のサイトと見分けがついていないのかも」と思い始めました。 そこで色々考えてみたのですが、自分は知らないサイトを見るときには、コンテンツの配置と全体の配色具合で何と無くサイトを記憶しているのではないかと思い始めました。 で、左上などに大きく配置してある「Web2.0デザインロゴ」の配色だけボンヤリと覚えているのではないかと思いました。

次に考えたのが、自分は同じようなロゴを使っている複数のサイトを見分けられていない場合があるという事でした。 実際は良く見れば違いは一目瞭然なのですが、どこかのリンクから一度だけ辿った場合には文章をちょっと読んですぐ離脱するので、Web2.0ロゴを使っているサイトは頭の中でひとくくりにしてしまっているのかも知れません。

Web2.0風ロゴを作ってくれるサービスは非常に高品質でスマートなロゴを生成してくれます。 また、簡単にロゴを生成してくれます。 この簡単で高品質である事が落とし穴になっているのかも知れないと勝手に妄想してみました。 あまりに高品質過ぎるため、皆がこれに飛びついてしまい、結果としてこのタイプのロゴをありふれた物にしてしまったのではないかと考えました。

簡単にやってくれる良く知られたサービスを使ってサイトタイトルロゴを作成してしまうと、同じような事をしている人もいっぱいいて自分のサイトのブランドを確立しづらくなるのではないかと、何と無く考えてしまいました。 もしかしたら、movable typeなどで何も変えないdefaultデザインを利用している場合も同様の事が発生するのかも知れません。

以上、なんとなく漠然と思ったことでした。

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!