オンライン上で子供から大人を守る

2006/12/26

Protecting adults from children online」という記事がありました。

18禁という表現は子供を大人から守るという発想がメインである思いますが、大人が快適に過ごすための一面を持つという、言われれば当たり前かも知れないことが書いてありました。 無思考で未成年を一部のコミュニティから排除する事が良いことであるとも思いませんし、技術的にも出来るかどうか疑問ではありますが、視点として面白かったです。

ただ、ちょっと原文の記事は極端な例かも知れません。。。

記事を見ると、Xbox Liveでオンラインゲームをやっている大人の集団に11歳と思われる少年が紛れ込んでいます。 会話を録音したMP3ファイル(52分)が原文に置いてあります。 (仮に、原文中にあるNFSWというのはNot Safe For Workの略で、仕事中には聞くな、18禁という事らしいです。)

MP3ファイルはWarcraftで対戦をしているときの会話を録音したものでした。 MP3ファイルを聞いてみると、最初は大人が少年をからかって話が卑猥な方向に向かって行きます。 例えば、女性が少年に「あなたをレイプするわよ」と言っていたりします。 しかし、卑猥な内容に子供があまりに詳しいので段々大人の方がヤバイのではないかと感じはじめています。 確かに聞いていて、少年が「友達の男性に入れられた」とか「女性の性器などを舐める」という内容を恐ろしく具体的に話しています。 途中で冗談ではありますが、大人の方が「このままでは全員逮捕されてしまうぞ」と言ったりしています。 最後には大人の方が「この少年が入るのであればギルドを抜ける」と言い出します。

原文では「単に楽しみたいだけの大人を守ってあげる必要があるのではないか」という事を書いて締めくくっていました。 たしかに未成年を含まないで落ち着いた場が欲しいという意見もあり得るなと思いました。 技術的にそれが可能かどうかは非常に疑問であるのと、成人ならば荒らさないかというわけではないとは思いますが。

オンライン上では老若男女入り乱れて発言などを行うために、議論などに子供(未成年)が紛れ込むことがあります。 ある程度オンライン上での議論などに慣れた大人とは違い、場を荒らすような事もあります。 相手が未成年だとわかる場合はまだ良いのですが、わからないで議論などをしていると相手が単なるDQNだと思ってしまう事もあり得ます。

自分が未成年だったころに結構恥ずかしい言動をしていたと思います。 思い出しただけで顔から火が出そうな事を平気で言ってました。 「荒らされずに楽しみたいんだ」という発想は単なる我侭にしか聞こえないかもしれませんが、オンライン上で年齢層ごとに活動範囲を分離していくというサービスや研究などが今後たくさん出てくるのではないかと感じました。 (もう既にあるのかもしれませんが。)

プロフェッショナルIPv6解説動画シリーズ再生リスト

動画で学ぶ「プロフェッショナルIPv6」を作っています。 もしよろしければご覧ください。お楽しみいただければ幸いです!