Google Adsenseのリンクユニットを使ったらクリック単価が3倍になった

   このエントリをはてなブックマークに登録    2006/10/26

今更ですがGoogle Adsenseのリンクユニットを試してみました。 リンクユニットというのは、キーワードが羅列してあって、そのキーワードをクリックしてからGoogleの広告ページに飛んで、そこからさらに広告がクリックされると報酬が発生するタイプの広告です。 今まで、このサイトでは普通の広告ユニットと検索ユニットを使っていました。

リンクユニットを試してみてから2週間ぐらいですが、この2週間でクリック単価が3倍ぐらいになりました。 (クリック単価は 報酬発生額/クリック数 で計算しました。) クリック数とクリック率はリンクユニット導入前後であまり変わっていません。

何でだろうと考えてみました。

考えた結果、リンクユニットは実は凄い発想だということがわかりました。 あくまで勝手な想像なので本当かどうかは全く不明ですが、そりゃぁクリック単価上がりそうだと思いました。

普通のAdsense広告だと、ページ全体からキーワードを探してきて、キーワードが最もマッチするものと単価が高いものが天秤にかけられます。 マニアックなページ(もしくは専門的なページ)を作っていると、どうも単価が高いものよりもベストマッチで単価が低いものが多く出る気がします。

一方、リンクユニットはそのページに最適な「キーワード」をいくつか羅列します。 さらに、そのキーワードの中で単価の高い順に広告が掲載されています。 (クリック率など他のパラメータももちろん考慮されて掲載順位が上下しています。)

ということは、純粋にクリック単価の高い広告ほどクリックされやすくなります。 リンクユニット思いついた人は凄いと今更ながら思いました。

その他

仮に、私のサイトでは検索ユニットはほとんど使われていないようです。 もともと検索エンジン経由で来ていて、1ページだけ見て帰る人が半分以上を占めているので当然と言えば当然かも知れません。

また、アクセス数が上昇するとクリック率が激減するという現象も発生しています。 これはリピータが増えているからかも知れません。 (本当かどうかは不明ですが。)

さらに、ブログコーナーや専門的なページではあまりAdsense広告がクリックされません。 私のサイトでは、Webに慣れている人ほどAdsense広告をクリックしないという傾向があるようです。 逆に、Amazon経由での専門書は専門的なページほど成績が良いようです。 専門書のついでにDVDやゲームを購入というパターンも結構ある気がします。 Amazonのお勧め恐るべしと思いました。

   このエントリをはてなブックマークに登録